戯曲1 第4回

前回はこちらからお読みいただけます↓↓↓

戯曲1 第3回

 

赤羽         「え、どういうことですか?」

大倉         「わかりません!」

馬場         「結局プールって…」

海堂         「わかりません!」

 

馬場以外の一同、なんとなく笑う。次第に爆笑。

 

馬場         「ちょっと!」

大倉         「(笑いつつ)なんですか」

馬場         「要するに、一体何がどうなったかわからないけど、なぜか、なぜか、プールの水が割れたんですよね?」

海堂         「そうなりますね」

馬場         「え、どうしてそんなに普通なの!?」

 

馬場、戸惑って、皆に時計を見るよう促す。

一同徐々に笑うのをやめ、時計を見、うなずき、馬場を見る。

また笑う。

 

馬場         「なぜ笑う!?」

海堂         「うーむ…どうしよう」

馬場         「またですか!」

海堂         「私は今日、どうしようと言ったのは初めてですよ!」

馬場         「あれそうでしたっ➖」

赤羽         「一回水抜いたらどうですか?」

海堂         「ダメです絶対間に合いません」

千倉         「水普通に継ぎ足すのは?」

大倉         「だめでした」

海堂         「試したのか」

大倉         「隠蔽工作です。(海堂に殴られる)でも磁石とかみたいにすーって。全然貯まんないんすよ」

海堂         「ほんとかあ?」

 

海堂、自ら確認するために退場してプールの方に行く。

 

赤羽         「クロールか背泳ぎならまだしもね、平泳ぎですからね、割れちゃってると泳ぎづらいだろうな」

千倉         「バタフライもあるでしょ!」

大倉         「そういう問題じゃないです。てか、そういう問題じゃないです」

 

赤羽、千倉、大倉が笑うので、

 

馬場         「だからどうしてそんなに普通なの!?」

千倉         「うちは三人目だからねえ…」

赤羽         「うちも二人目だから…ねえ」

千倉         「それに妊婦だもの…ねえ?」

赤羽         「うん、妊婦だもの」

大倉         「焦ってもいいことありませんよ」

馬場         「…夢で見たな」

千倉         「そもそも、キタジマコウスケって本物なんですか?」

赤羽         「え違うんですか?」

大倉         「なんでですか」

千倉         「だって…(横断幕を指差して)なんで片仮名なの?」

 

一同横断幕を見つめる。

 

(続く)

 

劇団あはひの情報はこちらから。

また主宰の大塚健太郎さんから、「あはひ」主催のワークショップのお知らせが届いています!
↓↓↓

この度、第2回ワークショップの開催が決定しました。
テーマは「身体と意識」。身体の感覚と意識について、互いにどの程度関わり合っているのかを、一緒に考えていけたらと思っています。
オーディションではないので、どなたでもお気軽にご参加ください。

詳細、参加のご予約は上記リンク(「あはひ」のTwitterに飛びます)をご覧ください。

The following two tabs change content below.
大塚健太郎

大塚健太郎

98年生まれ。神奈川県出身。 早稲田大学文学部演劇映像 コース映像系所属。 劇団あはひ主宰。 劇団の公演にて作・演出を務めるほか、演出助手として宮沢章夫演出『新訳 ゴドーを待ちながら』リーディング公演(2017)、ジエン社『物の所有を学ぶ庭』(2018)に参加。
大塚健太郎

最新記事 by 大塚健太郎 (全て見る)

大塚健太郎

大塚健太郎

98年生まれ。神奈川県出身。 早稲田大学文学部演劇映像 コース映像系所属。 劇団あはひ主宰。 劇団の公演にて作・演出を務めるほか、演出助手として宮沢章夫演出『新訳 ゴドーを待ちながら』リーディング公演(2017)、ジエン社『物の所有を学ぶ庭』(2018)に参加。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA