戯曲1 第1回

第1回

 

暗闇の中、荒波が打ち寄せるような音が響き渡る。

テレビのナレーション音声が聞こえる。

 

テレビのNA「(妊婦特集。母と胎児は思考をある部分共有しているという説がある&あとでキタジマコウスケがマタニティースイミングに訪れるので突撃取材する、という内容)」

 

明かりが入ると狭い部屋に椅子と長テーブルが無造作に置いてある。

何世代か前のテレビも置いてある。

「特別講師キタジマコウスケさん、ようこそ」と書かれた横断幕がある。

そしてその他諸々置いてあるものから察するに、ここはスイミングプールのスタッフルームのようである。

この部屋の中央を挟んで、プールの館長・海堂と、インストラクター・大倉が立ったまま対峙している。

時折、蛍光灯が点滅している。        

 

海堂         は?」

大倉         「え?」

海堂         「ん?いやは?」

大倉         「いやは?」

海堂         「は?ってなんだよお前!たかがインストラクターの分際で!(首に掛けた職員証を強調して)ここの館長だぞ俺は!館長とインストラクター、どっちが偉いんだよ!」

大倉         「いやそりゃ館長っすけど!」

海堂         「(深く頷いて)そうだろうが」

大倉         「でも話くらいちゃんと聞いてくださいよ」

海堂         「偉い俺が偉くないお前の話を聞かなきゃならないのか!」

大倉         「話くらい聞いてくださいよ」

海堂         「うーむどうしよう」

大倉         「うーむってあ、じゃあわかりました。うちのプールで、誰かが溺れてたとして、それ、助けるのは誰っすか?」

海堂         「そりゃあ、お前(考え込む)うきw!」

大倉         「インストラクターっすよね!?」

海堂         「そうだ」

大倉         「としたら?インストラクターはその人にとって命の恩人っすよね?その人が例えば今朝みたいにマタニティースイミングに来てる妊婦さんだったら、そのお腹の子供にとっても命の恩人。で、その時館長なにしてますか?」

海堂         (視界を泳がせ、テレビを見つけて)あさイチみてるな、確実に」

大倉         「誰かのことは?」

海堂         「助けてないな」

大倉         「むしろ」

海堂         「お役立ち情報に助けられようとしてるな」

大倉         「てことは?」

海堂         「お前

大倉         「館長

 

                 二人、熱く抱き合う。

(続く……)

 

劇団「あはひ」の情報はこちらから

 

 

 

The following two tabs change content below.
大塚健太郎

大塚健太郎

98年生まれ。神奈川県出身。 早稲田大学文学部演劇映像 コース映像系所属。 劇団あはひ主宰。 劇団の公演にて作・演出を務めるほか、演出助手として宮沢章夫演出『新訳 ゴドーを待ちながら』リーディング公演(2017)、ジエン社『物の所有を学ぶ庭』(2018)に参加。
大塚健太郎

最新記事 by 大塚健太郎 (全て見る)

大塚健太郎

大塚健太郎

98年生まれ。神奈川県出身。 早稲田大学文学部演劇映像 コース映像系所属。 劇団あはひ主宰。 劇団の公演にて作・演出を務めるほか、演出助手として宮沢章夫演出『新訳 ゴドーを待ちながら』リーディング公演(2017)、ジエン社『物の所有を学ぶ庭』(2018)に参加。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA